リアルタイムはカンボジア シェムリアップ

(2019,4,29)

——————————————————-

モン族のカフェで一息ついていると、さっき見かけた民族衣装の子供達がやってきた。

付き添いのお姉さんと一緒にいて

話を聞いてみると、お姉さんはバンコクからやってきているボランティアで

モン族の子供達が生活出来るように支援をしているそうだ。

子供達とカメラで一緒に写真を撮ったらいくら、というものだったが

モン族の村に来たかった私はお金を払っても写真を撮りたかったので、願ったり叶ったりというところ。

お姉さんが子供達に伝えてくれると

手慣れた様子でさっそく色々なポージングをしてくれる

仲良しさん♪

色々な写真を撮った後に

子供達のみの写真も撮らせてもらった。

嫌な顔せずに引き受けてくれて、純粋なサービス精神にちょっと感動。

お礼のタイバーツを渡してバイバイしたあとに振り返るとキャッキャと2人ではしゃぐ本来の子供の姿に戻っていた(笑)

ふと路地裏を覗くと

何気ない日常生活が見える

観光のためのサービスと

日常が同じラインにあるこの村。

今はまだ、多くの観光客が訪れないからこそこうしたバランスが取れているのだろう。

バンコクのマーケットのようなちょっと強引な接客もなく

風に吹かれ、のんびりした雰囲気の中で迎えてくれるこの空気感。

ついつい、この先も変わらずに

このままの姿であり続けて欲しいと願ってしまう。

ビルマ産(ミャンマー)のルビーがあったので見せてもらっている様子。

強引な売り方はしなかった。

こういうのが好印象^^

民族の紋様を、手刺繍で描いていく女性。

細やかで、この時間のかかる作業を目の当たりにすれば、同じくものづくりをする者としては値切ることは到底出来ません。。

お土産用のポーチを買いました♪

チェンマイ市街地からは

ソンテウかタクシーをチャーターして行くといいと思います。

結構山奥なので、帰りの足がないと帰ってこれなくなっちゃうので注意です!